日日是好日的★算命学

日日是好日的★算命学

古代中国の帝王学【算命学】で自分を読み解く。輝かせる。

霊感は眠らせておきましょう

霊感のおはなし

 

f:id:rightlighter:20180728200002j:image

 

 

人間は 五感を使って生きていますが

どうやら この “感” というものは

第十感 まであるそうで…

 

九、十、はもう仙人レベルだそうですが

六、七、八 ならば修行で開眼できるらしい?!

 

開眼するためには

すでに開いている五感の

何かを閉じる必要があるそうです

 

たとえば、

滝に打たれて感覚を閉ざし

新たな感覚を目覚めさせる…、とか

 

で、

霊感、なのですが。

 

 

これは第六感にあたります

 

人間は五感を使っているので

第五 までは実在の氣(実氣)であるといわれます

 

第六 以降は現実的には無い氣のため

虚氣 といわれます

 

 

実氣が備わっているところに

虚氣を加える場合

実氣の何かが外されて虚氣が収まる、といわれます

 

外されるもの(失うもの)は

視覚、聴覚、味覚、触覚、嗅覚、

のいずれか…  とも考えられますし

 

五感を五徳に置きかえて

幸福、健康(寿命)、財産、名誉、知恵

のいずれか…  とも考えられます

 

人物を配当すれば

親、子ども、兄弟、配偶者 のいずれかに…

という見方もできます

 

もともと霊感が備わっていて

実氣として身に付いているならいいのですが

 

見えないものを見えるように…、といった

スピリチュアル修行(笑?)は

なんらかの代償があるかもしれないと言えます

 

 

以前 ある著名人が仰っていました

 

死を意識する病気になり

遺書を用意するほどの覚悟で手術を終えたあと

霊感が宿っていることに気づいた、と

 

その方は 手術によって

身体の一部を失くしました

 

もともと強い霊感があっても不思議じゃない命式をお持ちの方の話です、

皆 そうなるわけではありませんが

 

やはり実氣と虚氣の交換はあるのだと思いました

 

 

『これを使いなさい』と備えられたものだけを

ありがたく使っておけばいいのだ、

と強く思いました

 

 

必要なものは備えられているのだから

 

閉じているものは開けない

備わってないものは求めない

 

これも一つの

幸福のための鉄則かもしれない…

なんて思います

個人情報の保護について

「http://rightlighter.hateblo.jp」(以下、当サイト)を利用される方は、以下に記載する諸条件に同意したものとみなします。

個人情報の収集について

利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。お問合せ等、場合によっては、利用者の氏名やメールアドレスなどの個人情報の開示をお願いする事があります。しかし、利用者の個人情報を利用者の許可なく、当サイトから第三者へ開示・共有する事はありません。

広告の配信について

当サイトはGoogle及びGoogleのパートナーウェブサイト(第三者配信事業者)の提供する広告を設置しております。その広告配信にはCookieを使用し、当サイトを含めた過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。 DoubleClick Cookie を使用することにより、GoogleやGoogleのパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告を当サイト上でお客様に表示できます。 お客様はGoogleアカウントの広告設定ページで、パーソナライズ広告の掲載に使用される DoubleClick Cookie を無効にできます。また aboutads.info にアクセスして頂き、パーソナライズ広告の掲載に使用される第三者配信事業者のCookieを無効にできます。 その他、Googleの広告における、Cookieの取り扱いについての詳細は、Googleのポリシーと規約ページをご覧ください。

ウェブサーバの記録

当サイトのウェブサーバは、利用者のコンピュータのIPアドレスを自動的に収集・記録しますが、これらは利用者個人を特定するものではありません。利用者が自ら個人情報を開示しない限り、利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。

免責事項

利用者は、当サイトを閲覧し、その内容を参照した事によって何かしらの損害を被った場合でも、当サイト管理者は責任を負いません。また、当サイトからリンクされた、当サイト以外のウェブサイトの内容やサービスに関して、当サイトの個人情報の保護についての諸条件は適用されません。 当サイト以外のウェブサイトの内容及び、個人情報の保護に関しても、当サイト管理者は責任を負いません。

初出掲載:2018年10月8日